会社概要

経営理念

 

お客様に美味しさを

お客さまに健康を

そして

お客様の喜びを自分の喜びにして

科学的な農業を行い

商品価値の追求とさらなる感動づくりに努める

 

社是・社訓

 

 

すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

人を尊重し大切にする 

 

 

ミッション

 

13品種を最高の鮮度で、美味しいトマトを提供する

トマトの魅力でお客様の「食文化」と「健康」をサポートする

 


代表からのメッセージ


先代の14代目が露地野菜から転換し、トマト生産を開始しまし37年が経ちました。先代の時代は大玉トマトだけの生産をしていましたが、単一品目単一消費を目指すだけではお客様の期待に応えられないと危機感を持っていました。もっといろいろなトマトがあるのにお客様が楽しめ、私自身も作ることの探求を楽しんだ結果、様々なトマトの生産販売を行うようになりました。

 

以前の農業は「勘と経験」に頼るものでしたが、あいまいで再現性の低いものでした。良い環境とはなにか、再現性のある農業とはどういうものかを追及して来ました。現在IT化を図っており、数値で空気環境や培地環境を把握し、会話も数値で話すようになりました。経験値ではカバーできないようなことが、言葉で話せるようになったのです。

 現在、私たちはお客様に本物の「食文化」とお客様の「健康」をサポートするためにITの力を活用し、 「技術向上」、「農薬の低減」、「商品開発」を実現させていきます。 

 

消費地と生産地の遠隔化が進んでいます。都市近郊の農業はみるみる縮小し、そこに住む消費者が新鮮な農産物を手に入れる機会が減っています。「健康」が叫ばれる現代になりました。本来は日々の食生活から栄養素をとることが便利な食生活ではおろそかにされています。

私たちはお客様の声を聞きながら、自分たちにできることはないか問い続けています

 

私たちには農業生産の安定が大きな課題でした。特に8~10月の暑い時期が関東での施設園芸において生産が困難な時期です。そこで「2018年3月に稼働する朝霧高原農場」の新設で年間生産体制がいよいよ整います。

 

販売面では直販事業の展開で、「農場―お客様」の距離をもっと近くすることを考えています。お客様に寄り添い、人を育て、相手のことを思いやれる社会を作っていきたいと思います。

 

将来においては飲食業態の開発を考えています。

 本物の食を、美味しい食をご提供したい。トマトを素材に取り組んでいきたいと思っています。

 

これらを実現するには、ビジョンを共有した仲間が必要です。 ぜひ農園見学会などの各種イベントにご参加ください。 きっと発見があると思います。

 異業種・未経験からの採用もフラットに大歓迎いたします。 

私たちの熱くフレッシュな想いを、お客様に感じていただければ幸いです。  

 

農業生産法人                        

株式会社井出トマト農園 代表取締役 井出寿利


会社名 農業生産法人 株式会社 井出トマト農園
本社所在地 神奈川県藤沢市宮原2420
TEL/FAX 0466-65-0719 / 0466-65-0721
Official Site http://www.idetomato.com/
Net Shop http://shop.idetomato.com/
代表者 代表取締役 井出 寿利
スタッフ  社員5名、パート従業員40名
農業形態  施設野菜
栽培形態  ロックウール式水耕栽培
収穫時期  およそ周年
施設面積 1.1ha
農場総面積 5.4ha
施設 栽培ハウス8棟、苗テラス2台、画像判別式選果機、袋詰め及び直売所など
作付け品目

大玉トマト 40%

中玉トマト 10%

房どりトマト 10%

ミニトマト   40%

販売先

井出トマト農園販売所、わいわい市藤沢店、わいわい市寒川店、横浜高島屋、他

藤沢農場

所在地 神奈川県藤沢市宮原2420
TEL/FAX 0466-65-0719

朝霧高原農場

所在地 静岡県富士宮市人穴756-120
TEL/FAX